治療を続けるためにも大切|肺がんの症状や辛い抗がん剤の副作用も軽減できる医学のチカラ
肺

抗がん剤の副作用は我慢しないで軽減できないか確認してみよう

辛さは共有しよう

病気になると肉体的に辛くなりますが、治療なのだから仕方ないと思って我慢する人もいます。しかし、我慢していると精神的にも辛くなってしまうので、「恥ずかしい」「迷惑をかけている」と思わずにすぐに医師と相談しましょう。

治療を続けるためにも大切

男女

投与の期間によっても異なる

抗がん剤を打つと副作用が出てしまうということを知っている人は多いです。では、投与の期間によってどのような症状が出るのかチェックしてみましょう。
まず、急性の症状といわれる副作用の種類ですが、それには発疹などのアレルギー症状や悪心嘔吐があり、血管痛も急性の症状に含まれます。
次に亜急性はしばらく経過して生じてくるものです。この時期に起こる症状には、悪心嘔吐といった急性の時期に起こる症状の他に、下痢や腎機能障害などがあります。
晩発性は一番最後、抗がん剤投与後しばらくして発生するものですが、これには二次がんや神経障害などがあります。
この副作用が起こることはある程度仕方のないことだとされています。そのため、我慢できるものであればそのまま投与を続けますが、やはりQOLを上げるためには副作用の治療もしていくことが求められます。

病院での対策とセルフケア

それぞれの症状に対しては、どのように対策すれば良いのでしょうか。セルフケアもチェックしてみましょう。

・悪心嘔吐…なぜこれが起こるのかというと、薬物投与によって脳神経に刺激が生じるからです。吐き気の他の原因としては、胃の粘膜が荒れることが挙げられます。病院での対策としては、飲み薬で症状が起きるため、それを坐薬や注射に変えるという対策をしてくれます。飲み方のポイントさえ変えれば症状が和らげられますので注目してみましょう。まず、ゆったりとした服を着るようにして、抗がん剤投与前の食事は控えめに済ませると症状が改善するという人もいます。

・下痢…やはり薬によって胃粘膜が刺激されることで、下痢の症状が出ることがあります。病院でできる対策としては整腸剤を飲むことですが、下痢によって脱水にならないように点滴を受けることも可能です。消化の良いものをできるだけ食べるようにして、身体の中の電解質を保てるようにバナナなどのカリウムが多い食材を中心に食べるようにしましょう。

・便秘…腸の動きは自律神経によって整えられていますが、吐き気止めを飲むと腸の動きが弱まることがあります。そのため悪心嘔吐の対策をした人に便秘が起こりやすいです。対策として、水分を摂取することが一番で、吐き気止めの薬をやめることはしなくて良いところです。

以上になりますが、基本的にはバランスの良い食事をすることが大事なので、がん治療の最中ほど規則正しい生活が求められるといえるでしょう。

軽減するにはサプリも活用できる

病院で抗がん剤の対策をしてくれますが、サプリの相談にものってくれます。最近、フコイダンやアガリクスといったものに含まれる成分に抗がん剤の症状を軽減してくれるという作用が報告されています。
フコイダンやアガリクスは、抗がん剤の副作用軽減だけでなく、がんを予防する作用もあるといわれているので、積極的に摂取していきたいものです。
フコイダンに含まれる成分としては、硫酸化フコースやマンノース、キシロースというものがありますが、これらは高分子多糖類に分類されます。これらの成分が身体の免疫力を高めるため、がんに負けない身体を作ってくれるのです。
アガリクスにはアミノ酸やβグルカンといった成分が含まれていますが、特にβグルカンという多糖類ががんの増殖を抑制するという研究結果が出ています。

広告募集中